偽物

プラセンタとがんの関係

最近注目を集めているプラセンタですが、もともとは英語で胎盤という意味なのです。
胎盤とは、赤ちゃんを妊娠した時に、受精卵から胎児と同時に作られるもので、胎児とはへその緒を通じてつながっています。
へその緒を通して、胎児へ栄養を送り、胎児が成長をしていくのです。
そして、各臓器や機能がまだ出来上がっていない胎児に代わって行うのです。
つまり、成長するのに必要な栄養成分を送ることはもちろん、肺や肝臓、腎臓などの機能の代わりをするのです。

また、胎児に血液を送るだけでなく、血液が硬くなったり、出産時に止血するようになったりと、生命の神秘とも言える働きをしています。
そこには、胎児の栄養源となるように多くの栄養が蓄えられているのです。
例えば、アミノ酸やたんぱく質、ビタミンなどです。
これらは生命活動を行う上で重要な役割を果たしてくれます。
これほどすばらしいプラセンタを健康と美容のために摂取するようになってきています。

出産時に産科医から胎盤を食べるかどうか確認されることもありますが、大抵の場合は生で食べることはありません。
サプリメントとして摂取することが多いのです。
そして、プラセンタを摂取することで得られる効果は、肝臓疾患や十二指腸潰瘍、糖尿病などさまざまな病気の治療に使われています。
また、美容目的としては、ニキビ跡の除去シワの除去などに有効で、エステなどでも、エキスが配合された化粧品などが利用されています。
このようにさまざまなところで活躍しているプラセンタですが、日本人の死因の1位でもあるガンを悪化させてしまうようなことがあるのでしょうか?
結論から言うと、そのようなデータは今のところ報告されていません。
どちらかというと、プラセンタの成長促進効果が健康な細胞を増殖させ、ガンに対抗できるようにしてくれる可能性が高いといわれています。
ガン対策などの健康目的としても、シワ対策などの美容目的http://chunkdout.com/kar.htmlとしても、プラセンタを摂取することはとても良いことだと言えます。